バンクシー展横浜の混雑状況やグッズ販売について口コミ現地調査!駐車場やアクセス方法も紹介!

県境を超える移動も全面解除され、各地に人手が戻ってきています。

バンクシー展(横浜)にもやっといけるという人も多いんじゃないでしょうか?

ですが、まだまだ感染も心配だし、バンクシー展(横浜)に行く前に色々と気になることがありますよね?

そこで今回は

この記事に書いてあること
・バンクシー展(横浜)の混雑状況は?
・グッズ販売
・口コミは?
・バンクシー展(横浜)の駐車場情報
・アクセス方法

などなどについて調べてまとめてみました。みました。

スポンサーリンク

バンクシー展 横浜とは


バンクシー展(横浜)とは、イギリスを拠点とする匿名の芸術家バンクシーの作品を集めた展覧会です。

バンクシーの作品は、おもに壁面に描かれるので、すぐに塗りつぶされたり、撤去されてしまい残されているものが少ない状態です。

バンクシー展(横浜)は、バンクシーの作品を所有しているコレクターに協力を求め、オリジナルのバンクシーの作品、版画、立体的に表現した作品など、70点以上も展示されています。

しかも、作品は写真撮り放題!

あらかじめアプリをインストールして、作品の前でタップすると、その作品について詳しい説明が音声ガイドで聞けます。

ニュースなどでたびたび報道される、バンクシーの作品。

バンクシー展(横浜)でぜひ本物を見てみたいですね。

混雑状況は?

開催前から話題になっていた、バンクシー展(横浜)。

混雑状況が気になりますよね。

特に今は、屋内だと余計に混雑状況が気になります。

ですが、展覧会開催者側が、人との距離を保てるように、チケットの発行枚数を制限しているので、混雑はしていないようです。

一番人手が多いとされる、土日も入場制限をしているので、館内は混雑しているということなく、安心してゆっくりバンクシーの作品を観ることができます。

ただ、注意しなくてはいけないのが、現在は日時指定のないチケットや、当日販売のチケットは発売中止となっています。

事前に日時指定のチケットを入手してから、バンクシー展(横浜)に行きましょう。

バンクシー展のグッズ

社会を風刺する作品など、数々の有名な作品があるバンクシーですから、グッズもどんなものがあるか気になりますよね。

バンクシー展(横浜)で販売されている作品は、BANKSYのロゴが入ったTシャツとトートバッグが白と黒で販売。

パンフレットが赤と白で販売されています。(中身は同じ)

正直これだけ?って感じですね。

実はこのバンクシー展(横浜)そのものがバンクシー非公認らしく、バンクシーの絵など使用した商品は作れないんだそうです。

実際に、グッズを見てがっかりだという来場者や、かっこいいという人、1万円以上も使ってしまった、という人まで色々います。

グッズを気に入るかどうかは、その人の価値観次第ですね。

スポンサーリンク

口コミを調査!

バンクシー展に行った人の感想は、みんな口をそろえて良かった!です。

バンクシーは社会を風刺している作品が多いので、色々考えさせられたり、脳みそをフル回転させて楽しめるようですね。

また、アプリを使用すると、作品の解説が聞けるので、しっかり作品を観て回ると2時間かかるそうです。

普通に観ても1時間から1時間半かかるのでかなりの見ごたえなんじゃないでしょうか?

バンクシー展(横浜)の駐車場情報!


バンクシー展(横浜)には専用の駐車場はありません。

基本、電車での来場を進めていますが、まだまだ電車は感染のリスクが高いので、できれば来るまでという人も多いんじゃないでしょうか?

近くに駐車場やコインパーキングがないか調べました。

バンクシー展(横浜)が開催されている、建物はアソビルには駐車場はありません。

しかも横浜駅の目の前、直結通路まであるほどの近さなので、駐車場もかなり高額なところが多いです。

バンクシー展(横浜)に行くのに、一番近くて便利なのが、横浜駅東口地下駐車場です。

横浜駅東口地下駐車場
住所
神奈川県横浜市西区高島2丁目18-1

営業時間:06:00~24:00

利用料金
6:00-24:00:30分320円
0:00-6:00:60分320円

収容台数500台

収容台数も500台とかなりの台数が駐車できます。

近隣のルミネやそごうなどで、2000円以上の買い物で60分無料となります。

バンクシー展(横浜)車でのアクセス方法!


バンクシー展(横浜)の会場である、アソビルには駐車場がないので、横浜駅東口駐車場までのアクセスをご紹介します。

アクセス方法
国道1号下り、高島交差点手前を右折、
そのまま直進し万里橋を右折した先が、横浜駅東口地下駐車場となります。

まとめ

バンクシー展(横浜)について、色々と調べてまとめてみました。

書いてあったこと
・バンクシー展の見どころは、写真撮り放題で、アプリによる音声解説
・入場制限をしているので混雑はしていない
・グッズはかなりシンプル
・専用駐車場はない。横浜東口駐車場が近い

などなどがわかりました。

混雑していないので、ゆっくりと作品を観ることができるのが、最大の魅力ですね。

バンクシーの作品を頭をフル回転させて、鑑賞するといいい時間が過ごせそうですね。

スポンサーリンク