コンビニレジ袋有料化で袋詰めで混雑する?温め弁当の場合やサッカー台の有無を調査!

コンビニのレジ袋が有料化されることが決まりました。

基本手ぶらで行く、コンビニですからレジ袋が有料化されると色々と疑問がありますよね?

そこで今回は

この記事に書いてあること
・コンビニのレジ袋の値段
・お弁当の温め時の疑問
・コーヒーの場合は?
・エコバッグの持参時の袋詰めは?
・混雑解消にサッカー台は設置される?

などなどを調べてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

コンビニのレジ袋が有料化!

多くの方がご存じかと思いますが、2020年の7月1日から、全国でレジ袋の有料化が義務化されました。

それに伴いコンビニもレジ袋が有料化されますが、スーパーやドラッグストアなどと違い、手軽に行けるコンビニでは何かと疑問がありますよね。

そこでその疑問をと答えを色々とまとめて調べました。

コンビニのレジ袋の値段は?


まず、コンビニのレジ袋が有料化されて一番気になるのが、レジ袋の値段だと思います。

今まで当たり前のようにただで使用できたわけですから。

大手コンビニのレジ袋は以下の通り。

セブンイレブンは大きさによって値段を3円から5円に。 弁当用のレジ袋大中小を3円、特大のレジ袋を5円としています。

ファミリーマートは4種類のレジ袋を一律3円に。

ローソンは3種類のレジ袋を一律3円にとしています。

この値段だとわずか数円ですから、今まで通り手ぶらで買い物をしてレジ袋を購入してコンビニを利用する人も多いんじゃないでしょうか?

お弁当の温め時はどうなるの?


コンビニと言えば、手軽に食事を済ますために、お弁当を買う人が多いですよね。

人によっては、一日2食ぐらいコンビニのお弁当を利用する人もいるんじゃないでしょうか?

そこで、気になるのがお弁当を温めた時のレジ袋。

今までは当たり前のように、温めたお弁当と、冷たいお茶などは別々にレジ袋に入れていましたが、有料化された場合はどうなるの下記になりますよね?

温めたお弁当と、冷たいものなどを分けたい場合は、やはり別々に袋を買うことになります。

ファミリーマートやローソンではレジ袋が一枚3円ですから、別々の場合はレジ袋だけで6円となります。

たかが6円という人もいるでしょうし、毎日のことなので、少しでも支払額を減らしたいという人もいるでしょう。

その場合は、お弁当かその他のもの、どちらかはエコバッグを利用して、レジ袋を半分の値段に抑えるか、または温かいお弁当と冷たいものを一緒に入れてしまい少しでもレジ袋の値段を抑える湯にするとよいでしょう。

ちなみに、ファミリーマートではお弁当用のエコバッグを販売していて、こちらはお弁当を入れる形になっていて、お弁当購入時には使いやすいものとなっています。

スポンサーリンク

コーヒーはどうなる?


コンビニで淹れたてのコーヒーを飲む人も多いと思います。

自分一人分なら、そのまま袋に入れずに持って行ってしまいますが、複数人分のコーヒーを買ったときはどうなるのでしょう?

コーヒーの持ち帰りの時にコンビニから提供されるのが、紙袋なら有料化の対象にならないので、今まで通り無料となります。

コーヒーの愛飲家はちょっと安心ですね。

袋詰めで混雑?

コンビニのレジ袋が有料化されると、エコバッグを持って、コンビニで買い物をする人も増えてくると思います。

レジ袋と違い、エコバッグはお客さん自身が持ってきたもの。

コンビニでの買い物の時、エコバッグの場合、袋詰めはどうなるのでしょう?

対応はコンビニごとに違うようです。

セブンイレブンの対応
セブンイレブンの公式サイトに問い合わせたところ、セブンイレブンは、マイバッグで買い物をしても、店員さんが袋詰めをしてくれるそうです。
袋詰めに関しましては、重い商品、大きい商品を先に入れ、軽い商品、小さい商品を上に入れてくれるそうです。
ファミリーマートの対応
ファミリーマートの公式サイトによると感染の恐れがるため、エコバッグの場合は袋詰めは買い物客自身がするそうです。

感染拡大予防ガイドラインに沿ってのことなので、他のコンビニでも同様にエコバッグへの袋詰めはお客さん自身がするコンビニが多いのではないでしょうか?

これは、レジが混むことは予想されますね。

サッカー台は設置される?

エコバッグの袋づめで混雑が予想されますが、サッカー台は設置されるのでしょうか?

ちなみにサッカー台とは、商品を袋詰めするときに利用する台のことです。

スーパーのレジの先にある台のことですね。

サッカー台についても、コンビニごとに対応が違うようです。

セブンイレブンの対応
セブンイレブンでは、サッカー台の設置予定はなく、従来通りレジカウンターで店員さんが袋詰めをしてくれるそうです。
ファミリーマートの対応
サッカー台の設置にについては、店舗ごとに対応が違うそうです。
スペースのある店舗や、よっぽど混雑がひどい店舗では、サッカー台の設置もあるかもしれませんね。

コンビニレジ袋有料化のまとめ

コンビニのレジ袋有料化での疑問点について調べてまとめました。

書いてあったこと
・レジ袋の値段は3円から5円
・お弁当の温めの時は別々にしたいなら、2枚必要
・コーヒーの紙袋は無料
・エコバッグの場合は自分で袋詰めで混雑の予想
・サッカー台の設置は店舗ごと

ということがわかりました。

最初は慣れないかもしれませんが、コンビニのレジ袋や、エコバッグも当たり前のように定着していくでしょう。

こちらも読まれています。
リモートマッチの意味とは?応援・視聴方法やチケット金額(価格)を調査!野球や他競技も気になる!

スポンサーリンク