昇侍の戦績と入場曲!3秒KOの動画がエグイ!結婚や名前の由来を調査!

RIZIN.24で朝倉海選手と対戦することになり、知名度が上がっている昇侍選手。

突然上がった対戦相手の名前なので、コアな格闘技のファン以外はあまり知られていないのではないでしょうか?

そうなると過去の戦績や入場曲など、知りたいですよね。

また、年齢的にも結婚しているのか、変わったリングネームの由来なども知りたくなりました。

そこで今回は、昇侍選手の

この記事に書いてあること
・プロフィール
・戦績
・入場曲
・3秒KOの動画
・結婚について
・名前の由来

などについて、調べてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

昇侍選手のプロフィール

プロフィール
名前 昇侍
本名 丸山 昌治
出身 三重県
生年月日 1983年4月24日
年齢 37歳(2020年9月現在)

所属 トイカツ道場
身長 171cm
体重 69kg
階級 バンタム級
獲得タイトル 初代ライト級キング・オブ・パンクラス王座
バックボーン ムエタイ

子供のころの夢は野球選手だった、昇侍選手。

日本航空高等学校の3年生の時には、甲子園にも出場しています(昇侍選手は控えだったようです)

プロ野球選手になれなかった昇侍選手は、高校卒業後に航空自衛隊に入隊。

そのころから、シュートボクセ・アカデミー・ジャパンで格闘技を始めました。

格闘技の練習に打ち込んでいたところ、コーチのセルジオ・クーニャさんにスカウトされ、プロ格闘家を目指し、2006年にプロデビューしました。

ちなみにセルジオ・クーニャさんといえばのちに、山本KIDさんのセコンドを務めるなどの名トレーナーです。

多くの格闘技の選手は、幼少時代から、空手や柔道・ボクシングを習っていたり、喧嘩に明け暮れていたりする選手が多いのですが、高校卒業まで野球をしていたというのは、プロ格闘家のなかでは遅い方ですね。

ですが、初代ライト級キング・オブ・パンクラス王座を獲得するなど、生まれ持った格闘センスと人一倍の努力があったからだと思われます。

昇侍選手の戦績

2006年にパンクラスでデビュー。

トーナメントに出場し、一回戦に勝利しましたが、準決勝は棄権しています。

不戦勝以外はデビュー以来4連勝。

なかでも、宮崎裕治との対戦では、開始3秒で飛膝蹴りでKO勝ち。

山本KID選手も飛膝蹴りで開始4秒でKO勝ちを収めましたが、それを1秒上回る世界最速KO勝利となりました。

その後、2勝2敗と、順風とまではいかない戦績ですが、2008年の1月にライト級キング・オブ・パンクラス決定戦でアルトゥール・ウマハノフ選手からKO勝ちを奪い、24歳で初代ライト級キング・オブ・パンクラス王者となりました。

デビューから1年ちょっと、格闘技を始めてから2年にも満たないで、パンクラスの王者になったということですから、相当な実力と言えますね。

2008年5月には、当時地上波でも放送していたDREAMに参戦。

階級をライト級からフェザー級に変更して臨みましたが、0-3の判定負け。

DREAMではこの一試合のみとなりました。

その後は主戦場をDEPPに移しますが、DEEPでの戦績は初戦から2連敗と残念な結果に。

2009年にはキックボクシングのRISEで試合をしますが、こちらも2連敗となり、苦しい時期を過ごします。

その後はケガのため1年間のブランクがありましたが、総合では1年8か月ぶりにDEEPの試合で勝利。

その後は負けと勝を交互に繰り返していましたが、2009年10月~2010年の10月までは3連勝と好調な時期が続きます。

2013年2月16日にはDEEPフェザー級タイトルマッチに挑戦しますが、横田一則選手に5-0で残念ながら判定負け

2013年6月にチェ・ドゥホ選手と対戦。
右ストレートからのパウンドでTKO負けとなってしまい、これを機に格闘技から4年間離れました

しかし、2017年に格闘技に復帰。

復帰後は4勝3敗と勝ち越しています。

2020年の8月のCORO戦では残り5秒でカウンターで相手をKOするなど、年齢を感じさせないスタミナと、粘り強い精神力、くわえてパンチ力もあるので、朝倉海選手との試合も面白くなりそうですね。

DEEPではチャンピオンとなることはできませんでしたが、間違いなくDEEPのライト級を盛り上げた選手の一人ではないでしょうか?

世界最速3秒KO、残り5秒カウンターKO勝利など、何が起こるかわからない戦績を残していますから、朝倉海選手との試合も何か起きるのではないかと、期待してしまいます。

3秒KOの動画

昇侍選手と言えば、3秒という世界最速KOが有名です。

昇侍VS宮崎裕治 3秒KOの動画はこちら

※当ブログでは著作権違反の動画は貼り付けられません!

なかなかやばい音がしてますね。

相手の宮崎選手は昇侍選手の膝が当たった瞬間に気を失ってますね。

完全にノビていますので、何が起こったのかわからなかったでしょう。

スポンサーリンク

入場曲は?

泥臭い、格闘技人生を歩んできている昇侍選手ですが、入場曲もかなり漢臭い曲です。

昇侍選手の入場曲は、角田信明さんが歌う、「よっしゃあ漢唄」です。


いやー曲のタイトルも漢臭いですね。

漢と書いて男と読む。

まさに漢ですね。

ちなみに入場曲に使われている、「よっしゃあ漢唄」ですが、かつて週刊少年ジャンプで連載されていた、「花の慶次」のパチンコで使われている曲で、元K-1選手の角田信明さんが歌っていました。

昇侍選手が入場するときも、花の慶次の主人公の前田慶次と同じ衣装で登場しますね。

何から何まで漢です。

結婚はしている?

現在、37歳の昇侍選手ですが、結婚はしているのでしょうか?

昇侍選手の結婚について公式のインスタやTwitter、ユーチューブを調べましたが、結婚はしていないようでした。

インスタを見ると、食事を自炊するなど、かなりストイックな生活をしているようですし、格闘技に集中した生活をしたいのかもしれませんね。

試合の時の厳しい表情と打って変わって、普段の表情はとてもやさしそうなので、そのうちいい結婚相手が出来るといいですね。

名前の由来


昇侍選手の名前の由来ですが、

侍をルーツに持つ「日本人が持つ侍の誇り」と、

自身が「世界の頂点まで昇る」

という意味があります。

それを本名の丸山 昌治にあてているんですね。

まとめ

今回、RIZINで朝倉海選手との対戦で、大チャンスを得た昇侍選手。

本人はかませ犬なんかじゃなく、本気で勝ちに行くつもりです。

昇侍選手が朝倉海選手に勝つことがあったら、今後の格闘技界がまたひっくり返ることになるんじゃないんでしょうか?

決して順風満帆と言えなかった昇侍選手ですから、逆に応援したくなってしまいます。

千載一遇のチャンスをつかんだ昇侍選手の今後注目していきたいと思います。

【こちらもよまれています】
スダリオ剛の由来や意味の母親画像!彼女や双子の現在は?退職金がきになる!

スポンサーリンク